クラリネットとリードについて。最近思うことのまとめ

クラリネット吹きならご存知の通り、クラリネットとリードは切り離して考えることができないものである。

クラリネットはリードが振動するから音が出るのであり、リードの硬さ、厚さ、カットの方法によって、

吹き心地はもちろん音色も大きく変化する。クラリネット吹きにとってリード選びや育てることはかなり神経を使う作業であり、

リードは本当に奥が深い。

その管理方法には諸説あるが、一般的には湿度を72パーセントほどに保って管理するのが良いとされている。

吹けば吹くほど劣化していくリードを長持ちさせるために、バイタライザーやモイストレガートを

利用している人が多い。一番大切なのは、楽器を吹いたあと、リードを楽器につけたまま放置しないこと。

一度湿らせたものをそのままにすると、乾燥したわかめのように干からびて先端部分が波打ってしまうからである。

吹いた後は必ずリードケース、欲をいえば反面がガラス製、もう反面がクッション性になっているものを用意し、

急激な感想を防ぐように努めることが肝心である。アイトレーニング やり方