風習を大切にしながら、美味しさを楽しみたいソバとうどん

日本に住んでいる限り、習慣や土地それぞれの風習などによって、ソバかうどんのどちらか一方でも食べる機会があると思います。 一般的にソバは、茹でた状態でそのまま汁に浸けて食べ、うどんは温かい湯で煮込みます。

12月31日の大晦日にソバを食べる風習の年越しソバ:は、由来は色々ありますが、江戸にソバ文化が定着した1800年代の江戸時代中頃からの風物詩とされています。

引っ越しそばは古くからの風習ですが、最近は引越しソバ自体、知らない人が増え、お菓子や普段使いできる生活必需品が喜ばれています。

香川県など、有名なうどんの産地では、ソバよりうどんがメインのため、年越しなどもソバではなくうどんで迎えるようですが、うどんについては、全国的に有名な風習はありません。

有名な食べ方である釜揚げうどん:は、水で締めることがないため、コシより「もちっ」とした食感を楽しむことができます。 また、煮たうどんは伸びにくく、消化し易いため病人はもちろん、夜食としてもよく利用されます。

風習なども大事ですが、何より美味しく食べることが1番です。色々と食べ比べてみるのも一興です。https://www.ketto.co/